こんな生き方もある 2

東京・台東区に、ひっそり佇む小料理屋「やきもち」。37歳で日本テレビを退職し、たった1人でお店を開いた女将の中田志保さんがお客を出迎える。

30席のこじんまりとした和風の空間。奥には、小さなスペース。

煮物や焼き魚などの料理を楽しんでいる途中に、いきなりそこに噺家があらわれ、45分ほど落語を披露する。

2016年9月にオープン。ご飯を食べながら、目の前で落語のライブを楽しめ、さらに終わったあと噺家といっしょにお店でビールが飲めることも。北海道から来るお客さんもいるほどだ。
.

テレビ局の「35歳限界説」

中田さんは東京大学を卒業後、新卒で日テレに入り、長寿番組の『笑点』を担当した。

テレビの仕事は重労働。メイクもせず、撮影に使うガムテープをジーンズに入れたまま過ごしていると、街でおしゃれな格好の女性とすれ違う。

「そういう生活にあこがれるときもあったが、テレビを通して人に楽しんでもらう、という仕事が何より楽しかった」。

日テレの中には“35歳限界説“という言葉があるという。35歳までに、ディレクターなどとして名前が売れないと、その後は大きく花開かないという意味だ。

35歳を迎えた中田さんに会社が言い渡したのは異動だった。テレビ制作の現場を離れて、番組のタイムテーブルを作る部署に。日夜、CM料金を計算した。

「夜通し計算しまくって会社の利益が出ても、私には一銭も入ってこない。会社員って切ないなって」

「それでも今思うと、たとえ何もしてなくても、風邪を引いてお休みをもらっても、変わらず給料もらえるなんていい身分だったってことなんですけど」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00010001-huffpost-bus_all&p=2

店を開いている理由を聞くと、「世の中を面白い場所にしたいじゃないですか」・・・・だそうで、
エリート会社員の安定を捨ててまでやるってなかなかできることじゃない。
それでも、辞めてみるとサラリーマンのありがたみがわかるようで、
「どれだけ会社に食べさせてもらっていたかを痛感します。日本の会社って、みんなが安定して生活を送るための生活保障みたいなものだなぁって思いました」・・・だそうでww
私も大学卒業後2年だけ会社勤めしましたが、
自分で独立してはじめて会社組織に守られていたんだと痛感しましたよ。
けれど、迷いはなかった。
なんと言っても、自分の好きなことやりたいことで食べていける幸せは何物にも変えがたいです。
あ、そうそう「落語」「エリート会社員」のキーワードで思い出したな・・・
エール大学出て三井物産入社の超エリート会社員が落語家に転身した話。
過去記事貼っときますね↓
こんな生き方もある
落語界は、最近は異業種からの転職組も多いそうですね。
銀行マン→落語家、商社マン→落語家・・・とか。
私の妻の友人の旦那さんも落語家ですが、たしか京都大学卒です。



落語・小料理やきもちHP
落語・小料理やきもち

どの場所よりも噺家の色気を感じられる店に。

やきもちの経営理念は「愛・尊敬・親密」です。
出演者・お客様・店の3者の間に愛があり、互いに尊敬し合い、そして親密である。
出演者はその日のお客様のために夥しい時間をかけて磨いた芸を見せる、お客様は敬意を持ってそれを楽しむ。
店は出演者が最高の瞬間を生み出せるように働き、愛の籠もった料理と厳選したお酒でお客様をもてなす。
親密は誰もが心地よい絶妙な距離感を保つこと。
この三つが揃って初めて色気が感じられると思います。

かつてはお座敷に贔屓の師匠を呼んで銘酒に酔いながら一席聞いたそう。酔っても、いや、酔ってこそ愛と尊敬と親密さがある、粋な人たち、色気のある空間があったものですね。
やきもちもそんな場所でありたい、そんな距離感で芸を楽しんで頂きたいと思っています。そして、そういう愛と尊敬と親密さのある人たちが日本の文化・芸術を育ててきました。

お金を払った分だけ楽しみ消費するのではなく、愛と尊敬と親密さを、あるときはお金や物に変えて、あるときは言葉に変えて、あるときは空気に変えて芸を育むお客様が増えるのならば、社会はもっと美しくなると思うのです。当店があることで、そうやって楽しく生きる人を少しでも増やせますように。


何かを捨ててこういう夢を追う個人は応援したくなりますね。
私も時間つくって行ってみよう。

2588.jpg


記事が面白かったときだけ応援クリックお願いします(^^;)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

相場歴20年の個人投資家です。

Author:相場歴20年の個人投資家です。
投資歴20年の専業トレーダーです。
証券会社の担当営業マンに電話注文するのが取引の主流だった時代に親のすすめで相場の世界へ・・・当時600万円で購入した値がさ株があっという間に850万円になり株にのめり込むものの、所詮はビギナーズラックというやつでそこからはボロ負けのフルボッコに。
現物株、先物、商品、投資ファンド、FXすべてに手を出して家一軒分の投資資金をきれいさっぱり溶かす。
失意のどん底にあるときに、突然、天啓のごとき閃きでオリジナルのトレード手法を開発。本当の敵は、「常識」や「思い込み」だときづく。
相場の世界は、一見ダイヤモンドに見えるものが石ころで、一見石ころに見えるのがダイヤモンドだったりする。
実体があるものと思い込んで必死で追いかけてるものは影だったりする。
だから勝てないだけ。

ここ数年でAI(人工知能)による売買が主流となり、相場と対峙していてもかつてのような人間臭さはまったく感じなくなりました。
かぎりなく無味無臭でフラットな世界になってきた印象です。
昔だとちょっとしたマーケットのクセやアノマリーは数年の賞味期限
がありましたが、今はあっという間に雲散霧消してしまう。
考えてみれば当たり前です。世界一のチェスプレーヤーや将士すらまったく勝てないようなAI(人口知能)が相手なんですから。
しかも、開発者はノーベル賞クラスの地球トップレベルの学者ばかりです。

いよいよ総力戦になってきた。

ブログ歴10年。
強いご要望にお応えしてFXデイトレ配信とバイナリーオプションのポジションメール配信サービス再開です。
トレードの参考にしてください(^^)
これからの超長寿時代にあって、年齢も性別も学歴も職歴も地理的要因も関係なく、
世界中で365日24時間オカネを生み出すチャンスがあるのは、こうした相場の世界だけです。地球最大規模のオンラインカジノともいえますが、持たざる者、何もない普通の人ほど投資リテラシーを身に付けるべきだというのが私の一貫した持論です。
配信サービスだけでなくリアルタイム実戦トレードの個別指導も行っております。
勝てなくて当たり前、負けて当然の戦場ですが聖杯は存在します。
メールかお電話にて無料で相談受付中。


時事ネタも毎日更新です。
よければ膨大な10年間の過去記事もご覧ください(笑)


座右の銘は「人間万事塞翁が馬」「諸行無常」

永遠に生きるかのように学び、明日死ぬかのように生きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ 海外バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 専業投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




お問い合わせは

toretorefxbo@yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ