FC2ブログ

やばい歯科医にご用心

健康な歯を3本削られたという女性が、当時の状況を語った。
被害に遭った岡山市の20代の女性は、「(どんな治療受けた?)『親知らずが痛い』と言って行ったにもかかわらず、手前の3本の歯を削られて、神経を抜かれた」と話した。
患者の歯を本人の許可なく削り、損傷させたとして、17日、傷害の疑いで逮捕された岡山市の歯科医師・福原淳郡容疑者(53)から、2017年の夏、「治療」を受け、健康な歯を3本削られた。
被害者は、「(おかしいなとは?)歯茎の治療をするのだと思っていたので。歯茎が腫れていたので。でも、歯を削り始めたので、おかしいなと」と話した。
逮捕された福原容疑者は、「患者を傷つける行為は、一切していない」と容疑を否認している。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00024812-houdouk-soci

87987.jpg


地元では悪名高いヤブ医者だそうで、
岡山大学から近く場所が便利なことと口コミサイトの書き込みがよかった(もちろんヤブ医者が業者に依頼したステマですw)から、
転勤族や学生が毒牙にかかってるようです。
歯は削ったり、抜いたりしたら一生原状回復できないので、慎重な判断が求められますが、
銭ゲバ医師にしたら“そんなのカンケーねぇ~そんなのカンケーねぇ!”なんだろうw
いや、これね氷山の一角ですよ。
私もやばい歯科医は何人か見てきてますが、銭勘定以前に悪いことを悪いと認識できないようなサイコパスは確かにいますよ。
たぶんのこの歯科医も悪いことしてる感覚はないのかもしれない。
外科医と歯科医は知識だけでなく手先の器用さも問われますが、
医業という商売そのものが情報の非対称性からくる性善説にたったものだから、人間性も重要ですね。
サイコパスで手先の不器用なヤブ医者とか最凶すぎるw
とくに歯科医はいい医者とそうでないのが激しいね。
口コミサイトもステマと同業者のいやがらせ書き込みが溢れていてまったく信用できませんから、
実際に治療された友人や知人に医者を紹介してもらうのが近道です。
私のかかりつけ歯科医院ははるばるシンガポールや香港からも患者が訪れていて、予約はつねにいっぱいです。
患者の多さはそれなりの判断基準にはなるだろう。
歯科医過剰時代とはいえ、ヒマなとこはヤバいと思う。
ほんとにやばいとこだとヒマなくせに初診時間が短かったりしますね。
短くても長くても診察料がほとんどいっしょなだけに、初診時間の長さにその医院の姿勢が出るといってもいい。
虫歯予防に重点を置いてるかどうかでいえば、歯科衛生士さんの人数も参考になるね。
同じ歯科でも分野が多岐に渡っていて、専門領域がどうなのかもよく確認したほうがいいです。
あ、あと学歴も重要だ。
カネで入学できる三流私立の医学部・歯学部出身者はほんとやばいやつ多いです。




あ、そうそう歯科医の話題ついでにアマルガムの昨年の記事紹介しておきますね。
私も昔につめたアマルガムを除去してもらって、セラミックに換えました。
歯は子供時代に授かる一生の財産です。大事にしないとね。
私も今でこそ定期的に歯石取りと検査受けてますが、歯間ブラシやらフロスやら
、もっと若いうちからちゃんとケアしとけばと後悔しております(^^;)


急性水銀中毒は、水俣病を初め日本人にはなじみが深い。しかし、慢性の水銀中毒がどのようなものかは、医師や歯科医師も知らない人が多いのではないか。開業医の私も、最近までまったく知識がなかった。数十年間徐々に進行する筋肉痛、関節痛、睡眠障害、集中力の低下、睡眠障害に悩まされていた著者は、アマルガム除去によって回復した。水銀中毒によって、記憶力障害・慢性疲労・全身筋肉痛・うつ・アルツハイマー病・自閉症などがおこることも、ほとんど知られていない。このような症状で、医療機関を訪れても、どこも異常ないとか、加齢のせいにされている人も多いはず。
本書は水銀中毒に関して、入手可能な情報を網羅している。また、DMPSやDMSAなど日本では入手できない薬剤の情報も詳しい。しかし、両者は副作用も強く、専門家の管理下で行うべきである。日本では、マグロ・キンメダイなど魚類の水銀汚染も深刻である。しかし、日本で従来行われてきたEDTAによるキレート療法は、慢性水銀中毒には効果がない。安全な治療法を求める人にとって、本書は貴重な資料となると思う。
検査法では、毛髪ミネラル検査を無効としているが、分析法を知らないためと思われる。詳しく知りたい方は、Andrew Hall Cutlerの本を一読ください。


https://www.amazon.co.jp/dp/4884933427



先日ですが、友人の歯科医と飲んでいて歯の詰め物である「アマルガム」の話題になったんですが、
2、30年以上前まで盛んに使用されていましたね。
私ぐらいの中年の方にはたいてい1~2個はアマルガムによる治療がされています。
私にもありますw
アマルガムの50%は水銀です。
これ人体に吸収された場合かなり猛毒なんですよね。
これまでは水銀化合物で水銀はほとんど溶け出さないってことになっていて、
普通に虫歯治療に使われてましたが、数十年経って、必ずしもそうではないことがはっきりしてきたようです。
やはり水銀は微量に蒸発しているようです。
で、どんな影響があるかといえば、これはもうじつに多岐にわたっていて、
 ①口腔内の症状(口がひりひり・舌がざらざら・唾液の分泌異常等)
 ②腎臓と腸の障害(腎障害・大腸炎・便秘・下痢・胃酸過多等)
 ③神経障害(めまい・頭痛・疲労感・眠気・震え・麻痺・しびれ等)
 ④筋肉と関節の症状(腰・首・背中・肩・足・ひざの痛み・歩行困難)
 ⑤心臓血管系、呼吸器系の症状(不整脈・胸の圧迫や痛み・呼吸困難)
 ⑥皮膚疾患(にきび・肌荒れ・発疹・皮膚のかゆみ・皮膚炎)
 ⑦免疫・感染・アレルギー・そのほかの症状(のどの痛み・むくみ等)
 ⑧視覚と聴覚(目のかすみ・目の乾き・耳鳴り等)
 ⑨そのほかの症状(食欲減退・体重減少・脱毛・甲状腺疾患等)
水銀中毒の心理的症状
 ①精神状態(うつ・極度の恐怖心・幻覚・幻想・悪夢をみる)
 ②注意散漫と記憶障害と言語障害
 ③感情と人格(イライラ・不安・神経質・無気力・自信喪失)
・・・・多すぎだろww
要は、原因不明の慢性体調不良のほとんどがアマルガムによる水銀中毒の可能性があるわけです。
まあ、考えてみれば人間の体、それも口の中に金属が入ったのはせいぜい半世紀ぐらいのもんで、
金属製の詰め物が無害だと断じるにはそもそも無理がある。
日本人の食生活が変わって高度成長期の人口爆増期に突入して、日本中で虫歯患者だらけになってきたこともあり、
安くて扱いやすいアマルガムをとりあえず使ってみたってノリなんですね。
とはいえ、アマルガムの使用は全世界的には減ってきています。
水銀を使用するため環境に配慮しているのもありますが、
耐久性、操作性に富み、もっとも信頼される材料の一つであるためです。
欧米の半数の国々では、アマルガムは禁止、あるいは、患者にリスク説明の義務があります。
代替物質ができてきて日本での使用料も確実に減ってきています。
まあ、とにかく現在、原因不明の慢性体調不良を抱えていて、
口の中に古い詰め物が多いって方は一度歯科で診てもらってもいいかもです。




記事が面白かったときだけ応援クリックお願いします(^^;)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

相場歴21年の個人投資家です。

Author:相場歴21年の個人投資家です。
会社経営やめて専業トレーダーです。
おかげさまでブログは11周年を迎えました。
時事ネタも毎日更新です。
よければ膨大な過去記事もご覧ください(^^)


座右の銘は「人間万事塞翁が馬」「諸行無常」

永遠に生きるかのように学び、明日死ぬかのように生きたい。

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村



お問い合わせは

toretorefxbo@yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ