クレジットカードの海外旅行保険は頼りない

日本の医療費とはケタが違う

 私は、GWにオーストラリアへ旅行に行く、エアーズロック周辺で、麓で骨を折ったまぬけ者です。今回は、海外旅行中に怪我したらどれぐらいかかるか、病床に次々舞い込む「invoice」(請求書)を見て右往左往(実際に動いてはいない)する様子をお届けします。

 事故後ずっと握りしめていたのがスマホ。そして充電器、充電器と騒いでいた。この2つがなくなったら日本に連絡ができない。とにかく負傷して日本に帰れなくなったことを旅行会社、家、会社に伝えなくてはと焦っていた。

 まず家に電話して、留守宅に置いてある旅行のしおりを見て旅行会社に連絡してくれと伝えた。病気でなくて怪我だから、心配はいらない、と母に伝える。

 「大丈夫なの? 行かなくていいの? 

 何を言ってるんだと思った。英語できないのに来たって仕方ないでしょうよ…。

 「とにかくお金のことは心配しないで、また連絡ちょうだい」

 と、わりと冷静に母は言った。

 その後、毎日の定時電話(海外ローミング代金が高くて普段は切るから、その時だけでいいと伝えた)のたびに、母は「お金のことはかかっても仕方ないから。心配しなくていいから」という。電話のこちら側で思うのは、たぶん「かかっても仕方ない」と言っている母の想定金額は、こちらで実際かかっている金額とヒトケタ違うだろうということだ。

 たぶん母は「(50万円ぐらい)かかっちゃっても仕方ない」と言っているのだろう。だが、それが500万円だったら? 


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180512-00055578-gendaibiz-bus_all&p=1

211564678.jpg

空港の出国フロアには掛け捨ての保険を申し込めるカウンターがありますが、
空港利用人数に比してあまり利用してる人を見ませんね。
ほとんどの人が所有するクレジットカードには、海外旅行保険がついているから安心してるんだろうけど、
保険適用条件がけっこうシビアだったりします。
ネタ記事の女性の場合、
クレジットカードはJALダイナース、ANAマスター、楽天カードを携行していたようですが、
事前に旅行代金をカードで支払ってないと保険そのものが効かない、
あるいは効いても医療費上限が200万円程度だったりします。
アメックスやダイナースのグレードの高い(年会費も高い)カードだと付帯条件なし、つまり持ってるだけで保険が適用されることもありますが、わりとこのへんの細かいルールは知らない人がほとんどだろう。
基本的にカードの保険はオマケ程度に考えたほうがよさそうだ。
実際、急病などで緊急搬送されるとまず聞かれるのが保険番号で、
単独保険に入っておけば、海外で書いてある保険番号さえ言えばいいけど、
クレジットカード付帯サービスだと保険番号がわからないので、保険を発動させるために自分で手続きが必要になる。
これはなかなか大変だろう。
海外の病院は、単独保険がないとなれば、
緊急手術などの処置も後回しするケースもけっこうありそうだから、シャレになりません。
そういえば、アメリカ映画の「シッコ」でそんな場面あったな。
誤って電動のこぎりで指を何本か切断した男性が無保険で、
しかも現金もなかったから、持ち合わせ分しか指を接合できなかった話。
なんせアメリカ人の自己破産の理由ダントツ1位が「医療費が払えない」ですから、笑うに笑えない話です。
海外で手術を入院をしたら最低でも500万円ぐらいは見ておいたほうがいいです。
脳出血とかで大きな手術したり、現地でドクターヘリ使ったりなんかしたらフツーに2000万円とか3000万円とかします。
海外行くこと多い人はクレジットカードの海外旅行保険の付帯条件などは事前確認したほうがいいですね。
私はアメックスの高いの持ってるから安心してたけど、やっぱり基本は、掛け捨ての保険かなあ・・・・。
よく考えてみたら、ぶったおれた状態で出国印押したパスポートページの写真撮って保険会社にメールしたりとか証拠書類揃えられるはずがない。
腹巻に保険番号書いた書類のコピーはさんでるのがいちばんだろうw
ちなみに海外旅行中に入院する確率は2万5000分の1だそうで、
年末ジャンボ宝くじの1等当選確率が2000万分の1と言われているそうです。



記事が面白かったときだけ応援クリックお願いします(^^;)
トレード結果はこれより下にあります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif


==============================

5/11のメール配信結果

FX

◎デイトレード ライトプラン

-50pips

合計 -263pips


◎FXシステム

ノーエントリー

合計 +170pips


バイナリーオプション

◎ワンデーBO

ノーエントリー

合計 92勝49敗  (10万円掛けの場合  330万円の利益です)

日経225先物


◎デイタイム225

-100円

合計  +1810円

◎ナイトライダー

+40円

合計  +270円

==================================

5/11のFX・日経225先物・バイナリーオプション自分のトレード結果

FX

+0pips

*10万通貨の取引なら10pips=10000円の利益です

●FXデイトレード(順張り+逆張り)今月合計  +427pips

過去10年の成績はこちら

バイナリーオプション

11勝

●バイナリーオプション今月合計  勝ち越し数 50
1回10000円掛けの場合(1回あたり最大20万円掛けが可能です)
30秒タイプだと9500円の利益、1分タイプだと9000円の利益、
15分タイプだと8800円の利益、1時間タイプだと8900円の利益、1日タイプだと9000円の利益です。
スプレッド型だと10000円の利益です。

日経225先物


-100円

●日経225先物デイトレード(日中+ナイト)今月合計  -220円

*ラージ1枚の取引なら10円=10000円です



FX・日経225先物・バイナリーオプションのメール配信サービスのご希望はこちら↓
FXデイトレ・日経225先物デイトレ・バイナリーオプション配信メニュー

専業トレーダー歴10数年の私が直接指導するトレードセミナーはこちら↓
FX・日経225先物・BOのトレードの個別指導セミナー

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

相場歴20年の個人投資家です。

Author:相場歴20年の個人投資家です。
投資歴20年の専業トレーダーです。
証券会社の担当営業マンに電話注文するのが取引の主流だった時代に親のすすめで相場の世界へ・・・当時600万円で購入した値がさ株があっという間に850万円になり株にのめり込むものの、所詮はビギナーズラックというやつでそこからはボロ負けのフルボッコに。
現物株、先物、商品、投資ファンド、FXすべてに手を出して家一軒分の投資資金をきれいさっぱり溶かす。
失意のどん底にあるときに、突然、天啓のごとき閃きでオリジナルのトレード手法を開発。本当の敵は、「常識」や「思い込み」だときづく。
相場の世界は、一見ダイヤモンドに見えるものが石ころで、一見石ころに見えるのがダイヤモンドだったりする。
実体があるものと思い込んで必死で追いかけてるものは影だったりする。
だから勝てないだけ。

ここ数年でAI(人工知能)による売買が主流となり、相場と対峙していてもかつてのような人間臭さはまったく感じなくなりました。
かぎりなく無味無臭でフラットな世界になってきた印象です。
昔だとちょっとしたマーケットのクセやアノマリーは数年の賞味期限
がありましたが、今はあっという間に雲散霧消してしまう。
考えてみれば当たり前です。世界一のチェスプレーヤーや将士すらまったく勝てないようなAI(人口知能)が相手なんですから。
しかも、開発者はノーベル賞クラスの地球トップレベルの学者ばかりです。

いよいよ総力戦になってきた。

ブログ歴10年。
強いご要望にお応えしてFXデイトレ配信とバイナリーオプションのポジションメール配信サービス再開です。
トレードの参考にしてください(^^)
これからの超長寿時代にあって、年齢も性別も学歴も職歴も地理的要因も関係なく、
世界中で365日24時間オカネを生み出すチャンスがあるのは、こうした相場の世界だけです。地球最大規模のオンラインカジノともいえますが、持たざる者、何もない普通の人ほど投資リテラシーを身に付けるべきだというのが私の一貫した持論です。
配信サービスだけでなくリアルタイム実戦トレードの個別指導も行っております。
勝てなくて当たり前、負けて当然の戦場ですが聖杯は存在します。
メールかお電話にて無料で相談受付中。


時事ネタも毎日更新です。
よければ膨大な10年間の過去記事もご覧ください(笑)


座右の銘は「人間万事塞翁が馬」「諸行無常」

永遠に生きるかのように学び、明日死ぬかのように生きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ 海外バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 専業投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




お問い合わせは

toretorefxbo@yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ